2002年から発売されている、アトピーの改善と予防でロングセラーのアトピスマイルクリーム。ここで正しい使い方を確認しておきましょう。

 

アトピスマイルクリームの正しい使い方と間違った使い方

 

アトピスマイルクリームの正しい使い方

まず初めに、アトピスマイルクリームは医薬品ではありません。医師から処方されている薬を使用している方は、そのお薬を止めて、アトピスマイルクリームに切り替えるというのは誤りです。医師から処方された薬を医師の指示通りに続けて、アトピスマイルクリームを併用するのが正しい使い方です。医師から処方された薬とアトピスマイルクリームを併用する場合は先にアトピスマイルクリームを使用してから医師から処方された薬を使用するという順番になります。

 

一般的には、乾燥肌や敏感肌によるかゆみ、虫刺されによるかゆみ等はセルフケアで対処できるものなので、皮膚科に行ってお薬を処方してもらう必要はないといわれています。アトピスマイルクリームの正しい使い方は、皮膚に炎症がある場合は使用しない。医師から処方された薬がある場合は併用する。ということになります。

 

アトピスマイルクリームは医薬品ではないので、1日に使用できる回数や量などの制限はありません。但し、多く使えば症状が改善しやすいということもありません。多くの方は朝晩2回、清潔な状態で使用する。というのが一般的でしょう。塗る量については、1回に塗る量を多くするよりも塗る回数を多くした方が保湿効果が高いとわれています。1日に使用する回数については、統計データがあって1日に3~4回が上限で、それ以上の回数を使用しても効果が高まらないという結果があるそうです。いずれにしても、塗る量や回数については、科学的に証明されていないので、明確な基準は無いというのが現状のようです。

 

アトピスマイルクリームの安全性

この点、アトピスマイルクリームは医薬品ではないのでお気軽に試しても安全です。アトピスマイルクリームは2002年の発売以降ロングセラーを続けているので、より安心・安全に使用することができますね。全身はもちろん、顔に塗っても大丈夫です。ここは、老舗の酒造メーカーがライスパワーNo.11という米の成分に着目して、その水分保持機能の改善効果を最大限引き出すようにアトピスマイルクリームの成分に配合して開発されているので、お肌への効果は間違いないところです。ライスパワーNo.11の水分保持機能の改善効果については、厚生労働省が承認しているので、科学的にも証明されているといえますね。

 

アトピスマイルクリームの価格

ここで、ライスパワーNo.11配合の化粧品というと数多く販売されていますが、意外と高価です。5,000円~1万円くらいの価格帯のもが多いですね。ところが、アトピスマイルクリームは価格の面でも圧倒的に安価です。気軽にお試しするのも十分可能な価格ですね。老舗の酒造メーカーが販売していて厚生労働省が承認しているライスパワーNo.11配合しいるロングセラーのアトピスマイルクリームこの機会にお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら